1月 092017
 

毎日新聞 によると。

 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土を再利用する環境省の方針に対し、管理方法の説明が不十分などとして原子力規制庁が疑義を呈していることが分かった。再利用に伴う被ばく線量については本来、規制庁が所管する放射線審議会に諮られるが、同審議会への諮問も認めていない。規制庁は環境省の外局で、再利用は「身内」から疑問視されている。

 環境省は昨年1~5月、放射線の専門家らを集めた非公開会合で汚染土の再利用について協議した。原発解体で出る金属などの再利用基準は放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル以下(クリアランスレベル)の一方、8000ベクレルを超えると特別な処理が必要な「指定廃棄物」になることなどを考慮し、汚染土の再利用基準を検討。6月、8000ベクレルを上限に、道路の盛り土などに使いコンクリートで覆うなどの管理をしながら再利用する方針を決めた。

 関係者によると、その過程で環境省は8000ベクレルの上限値などについて、放射線審議会への諮問を規制庁に打診。規制庁の担当者は、管理の終了時期や不法投棄の防止策など、具体的な管理方法の説明を求めた。その際、「管理せずに再利用するならクリアランスレベルを守るしかない」との原則を示した上で、「普通にそこら辺の家の庭に使われたりしないのか」との懸念も示したという。これに対し環境省が十分な説明をできなかったため、規制庁は審議会への諮問を認めなかった。

 放射線審議会は法令に基づき設置され、放射線障害を防ぐ基準を定める際に同審議会への諮問が義務づけられている。指定廃棄物の基準を8000ベクレル超と認めたのも同審議会だった。

 再利用を進める環境省除染・中間貯蔵企画調整チームの当時の担当者は「規制庁に相談したが、諮問までいかなかった」と取材に回答。原子力規制庁放射線対策・保障措置課は「どういう形で何に使うのか、管理はどうするのかという具体的な説明をしてもらえなければ、情報不足で安全かどうか判断できないと環境省には伝えた」と話している。

 ◇解説 8000ベクレル上限は矛盾

 汚染土の再利用を巡り、原子力規制庁が所管の放射線審議会への諮問を認めないのは、8000ベクレルを上限とする矛盾を認識しているからに他ならない。

 そもそも8000ベクレルは、これを超えれば特別な処理が必要になる「指定廃棄物」の基準だ。環境省は今回、この8000ベクレルを上限に、管理しながら汚染土を再利用する方針を決めたが、これはすなわち「特別なゴミ」が、ある一線から突然「再生資源」に変わることを意味する。規制庁が環境省に「管理せずに再利用するならクリアランスレベル(100ベクレル以下)しかない」と原則論を強調したのも、こうしたことを疑問視しているからだとみられる。

 にもかかわらず、法令で義務づけられた審議会への諮問を経ずに汚染土の再利用基準を決めたのは異例だ。環境省の強引な姿勢が問われている

 Posted by at 10:47 PM
12月 292016
 

BuzzFeed Japan によると。

ひどい子宮内膜症のため、様々な治療を試していた25歳の私。更年期を誘発する治療法を提案されたとき、私はうろたえずに、それを最良の選択肢として受け入れた。

「ありのまま」を生きる、9人の素晴らしい女性たち
私はいつも心のどこかで、自分の生理は何かおかしいと分かっていた。不規則で1日目から痛みがひどく、放散痛が太ももにまで出て、ズボンが履けないほど足がむくんだ。鮮明に覚えているのは、子どもの頃、暑い夏の日にラウンダーズ(野球に似たイギリスのスポーツ)のピッチにいたときのことだ。紺色のズボンにまで経血が染み込んでいることに気づいた私は、どうやってその場を切り抜けようかと必死に考えた。

主治医は私にピルを処方した。それに続く5年間は、我慢できる程度に症状を抑えてくれる薬はないかと、いろいろなメーカーのものを次々試した。混合ピル、ミニピル、高用量ピル。どれも効いているとは思えなかった。最悪だったのは、黄体ホルモンだけの高用量ピルで、3カ月分の生理が来たかというほど出血し、ずっと終わらないのではないかと本気で心配した。19歳の時には、もうたくさんだと思った。体重は13kg近く増え、惨めだった。そこでピルをやめることにした。自分の自然のサイクルを何らかの形で管理すれば、うまくいくのではないかと考えたのだ。

しかし、続く5年間は、もはやピルが現実を隠してはくれず、症状は悪化した。生理はいつも一緒だった。大学生活、就職、パリへの移住、恋愛といった人生の冒険に、いつもついてきた。2014年の終わりには、生理痛はかなりひどくなっていて、私のパートナーは、体を丸めて吐き気と激しい震えに苦しむ私を見慣れてしまっていた。一度は、救急外来に連れて行ってくれたこともあった。

ずっと医者に通い続けていた私は、24歳のとき、初めて腹腔鏡検査を受けた。答えを模索し始めてから10年後、ついに病名が分かった。子宮内膜症だった。

この病気は第1段階(軽度)から第4段階(重度)にまで分類される。医者は私が最も深刻な段階にあると診断した。子宮内膜が子宮の外で成長し、ほかの器官にくっついて、嚢胞や癒着を起こしているということだった。大きな嚢胞が右の卵巣内で大きくなっていて、高度な瘢痕や損傷を残していた。手術をしなかったらおそらく破裂していただろう。あちこちにあった病変は、手術で慎重に切除された。

腹腔鏡検査の翌月は辛かった。体は治ったけれど、精神状態は悪化していたのだ。私は頭の中の叫びを無視することができなかった。「赤ちゃんを産めなかったらどうしよう」。子どもを産めないかもしれないという考えは、ときに重くのしかかり、胸が苦しくなるほどだった。

 Posted by at 4:45 PM
12月 262016
 

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート世界選手権(来年3月29日開幕、ヘルシンキ)の日本代表選手が26日、門真市内で会見を開いた。女子で全日本選手権で3位に入り、初の世界選手権出場となる三原舞依(神戸ポートアイランドク)が思いを語った。

 フリーでは全体で2番目となる好演技を見せた。そのフリーで用いている楽曲が映画「シンデレラ」のもの。これになぞらえて、「ここまで戻ってこられたのは、たくさんの人に支えていただけたお陰なので、これからもシンデレラストーリーの続きを演じていけたらいいなと思います」と周囲への感謝と決意を語った。

 全日本選手権で初の表彰台に立った喜びから、「夜寝るのが少し遅くなってしまった」という17歳。友人からのたくさんのメールで、応援されていることを実感したという。

 昨年末に全身の関節が痛む難病「若年性突発性関節炎」を発症し、約4カ月リンクを離れたが、見事に復活を果たした。世界選手権へ「私の武器はと言われて答えられるものはないと思うので、トップの選手と戦える強い選手になれるように自分をもっと磨いていけたらいいなと思います」と、さらに輝くシンデレラになることを誓った

 Posted by at 9:27 PM
12月 232016
 

J-CASTニュース によると。

 乳がん治療中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2016年12月22日、骨への転移についてブログで明かした。

 数日前に「体力回復」のため入院したと報告したばかり。これまでよりも痛みが増したとの告白に、ファンからは心配の声が出ている。

■自分自身に「信頼できるようになって帰ろう!」

 12月22日の投稿タイトルは、「心配より信頼」。姉の小林麻耶さん(37)が16日のブログで、「『心配ではなく、信頼だよ』健康に戻る!妹を信頼することが大事」と助言を受けた、と書いたのを受けたものだ。

 姉の言葉を受けて、麻央さんは「信頼は家族にたくさんもらってきました」とコメント。心配があっても、最後には「きっと大丈夫!」と自らを信頼するしかないと書き、

  「今回、今までよりも骨転移の痛みを感じるようになって、『痛い、痛い』という思いで怖くなって先が心配ばかりでいました。また信頼できるようになって帰ろう!と思います」

と結んだ。

 このブログに対して、ツイッターでは、心配の声が出ている。

  「麻央ちゃん、骨転移はきつすぎる…」
  「これは本当に胸が痛む……。早く良くなって欲しい……!! 」
  「同じ母として、同じ女性として頑張って欲しい。心から応援している」

 なお、骨転移については9月20日、

  「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった。(その後、現在肺や骨などに転移あり)」

とブログで触れ、カッコ書きでの告白が話題になっていた。

 Posted by at 7:17 PM
12月 232016
 

デイリースポーツ によると。

 公式練習が行われ、出場選手が最終調整を行った。慢性的な左膝の不安を抱え、今季ここまで苦しい戦いが続く浅田真央(26)=中京大=は、連続3回転ジャンプを決めるなど復調気配。ここまで封印してきたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)挑戦にも、意欲をにじませた。4連覇中だった羽生結弦(ANA)が欠場した男子は、成長著しい宇野昌磨(19)=中京大=が4回転フリップを武器に頂点を狙う。

 SPの滑走順抽選が行われ、女子は浅田が最終滑走となる30番に決定。「引いちゃった」と苦笑いだった。昨季女王の宮原が20番、世界ジュニア女王の本田が27番に決まった。男子は初優勝を目指す宇野が第4組の4番目となる20番滑走。昨年3位の無良が21番、NHK杯3位の田中が27番となった。

 銀盤の上で失ったものは、銀盤の上で取り戻すしかない。自己最低の9位に終わり、「自信をすべて失った」と涙に暮れた衝撃のフランス杯から1カ月。瞳に確かな闘志を宿し、真央が勝負のリンクに帰ってきた。

 「今季の中では一番調子がいい状態。技術も体も気持ちも、すべてが上がってきている。大丈夫です」

 公式練習では精度にばらつきはあったが、連続3回転ジャンプを決めるなど、まずまずの仕上がりを見せた。今季ここまでの試合では封印してきたトリプルアクセルにも4度挑戦。成功はなかったが、回転にはキレを感じさせた。「トリプルアクセルは全日本で跳ぶつもりで練習してきた。明日、あさっての練習で1回でも決まったら入れたい」と解禁に意欲をにじませた。

 フランス杯から帰国後、1週間ほど休養を取り、その後は全日本に向けて国内で調整を続けてきた。気持ちがそう簡単に前向きになったわけじゃない。「悩んだし、一度心が折れたこともあった」。それでも戦うことを選んだのは自分。「好きで戻ってきた。自分のスケートを大切にして、SP、フリーとも満足のいく演技をしたい」と自らに言い聞かせるように話し、うなずいた。

 不安がつきまとう左膝の状態を聞かれると、質問を遮るように2度きっぱりと言った。「大丈夫です。大丈夫です」。世界選手権の最終選考会だが、まずはこの大会で全力を尽くす。これまで何度も逆境をはね返してきた自分の力を信じ、ともに道を切り開いてきた大技を信じて、真央が舞う。

 Posted by at 3:49 PM
11月 282016
 

リアルライブ によると。

 警視庁組織犯罪対策5課が28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名宮崎重明)容疑者の逮捕した。

 この日の午後、逮捕情報が報じられると、都内にあるASKA容疑者の自宅には報道陣が殺到。そんな騒ぎをよそに、ASKA容疑者はブログで覚せい剤使用や逮捕について否定。しかし、その後、警視庁が逮捕状を取ったことを各メディアが報じた。

 渦中のASKA容疑者は午後6時半すぎにタクシーで帰宅。その後、午後7時前には自宅ガレージのシャッターが開き、ASKA容疑者を乗せた車がいったん外に出ようとしたが、報道陣が殺到し、とても車が出られるような状態ではなく、ガレージが閉められた。

 その際、ASKA容疑者は報道陣に対し、「やってません」、「(覚せい剤を)使ってない」などと再び容疑を否認していた。

 しかし、 午後8時半前、警察の捜査関係者が乗った車両が自宅に到着。その車両を報道陣が取り囲み、騒然とする中、ASKA容疑者車両の後部座席に乗り込み、任意同行のため自宅を出て、車両は午後9時過ぎに、東京・桜田門の警視庁に到着した。

 ASKA容疑者は今月中旬から25日までの間に都内などで、覚せい剤を使用した疑い。警視庁によると、ASKA容疑者は今月25日、「盗撮されているので確認してほしい」と自ら110番通報。駆けつけた警察官に「盗聴されている」などと話したが、尿検査を行い鑑定した結果、覚せい剤の陽性反応が出たという。

 「覚せい剤常習者は幻覚や幻聴に悩まされ、盗聴・盗撮被害を訴えることがよくある。ASKA容疑者はブログでも再三、盗聴被害を訴えていただけに、警視庁はマークしていたと言われてる」(週刊誌記者)

 ASKA容疑者は14年9月に覚せい剤取締法違反(使用、所持)などで懲役3年(執行猶予4年)の判決を受け現在は執行猶予期間中。公判になれば今度は実刑が確定するだけに、注目が集まる。

 Posted by at 10:13 PM
11月 132016
 

東スポWebによると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦「フランス杯」フリーが当地で行われ、浅田真央(26=中京大)は自己最低の9位に終わり、12月にフランス・マルセイユで開催されるGPファイナル進出を逃した。

 8位と出遅れたショートプログラム(SP)同様にジャンプでミスが目立ち、フリー10位の100・10点で合計161・39点だった。SP5位の樋口新葉(15=日本橋女学館高)はフリー3位の129・46点をマークし、合計194・48点で3位とGPデビュー戦を飾った。優勝は合計221・54点の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(16=ロシア)で、GP2連勝でファイナル進出を決めた。

 男子は合計285・38点の世界王者ハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)で、ファイナル進出を決めた。

 Posted by at 4:55 PM
11月 122016
 

デイリースポーツ によると。

 インフルエンザの予防接種をどうしようか…さまざなな情報が溢れており、悩む人も多いようです。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で日々診察にあたっている谷光利昭院長は、小学生の痛ましい例を挙げながら、ワクチン接種を勧めました。

 ワクチンって本当に効くの?-患者さんからよく質問されます。それは疾患によります。インフルエンザのワクチンなどは、みなさんが一番興味のあるところでしょうか。

 インフルエンザに関しては、正直なところ当たりハズレがあります。ワクチンはその年に流行すると思われるインフルエンザウィルスのタイプを予測して作製されます。予測が外れると効果が減少します。具体的には、世界保健機構(WHO)で推奨株が年2回選ばれます。日本では、それを参考にして国立感染症研究所の検討会議があり、厚生労働省が最終決定して、ワクチンが作製され市場に出ます。

 インフルエンザワクチンの効果は総じて70~80%程度、就学前の小児では20~30%程度といわれており、接種した人でもウィルスに感染、発病する可能性があります。ただ、同ワクチンは、ウィルスの感染や発症そのものを完全に防御はできなくても、重症化や合併症の発生を予防する効果は証明されています。実際には、高齢者に対してワクチンを接種すると、しなかった場合に比べてインフルエンザによる死亡率を5分の1に、入院を3分の1から2分の1まで減少させることが期待できると報告されています。

 接種後の予防効果は、2週間から5カ月程度と言われています。小児の免疫能力は大人と比べて弱いために生後6カ月から12歳以下では2回接種が推奨されています。2回目までの接種間隔は、1回目から2~4週間後での接種が推奨されていますが、最も推奨されている間隔は4週後の接種。学級閉鎖率を調べたところ、4週間隔の群の閉鎖率が最も少なかったとの報告があるからです。海外では接種間隔を4週以上と指定している国もあります。また、13歳以上でも、著しく免疫能力の低下した患者さんには2回接種が推奨されています。健常人であれば、通常の1回接種で十分に免疫がつくとされています。

 インフルエンザワクチン接種の是非についてはさまざまな意見があり、確かに議論の余地はありますが、私は毎年接種しています。接種しなくても罹患したことがない人もいれば、接種しても何度も罹患する人がいます。個々の免疫能力にもよりますので、一元的に言うことはできませんが、合併症である肺炎、インフルエンザ脳症になる確率を少しでも低下させる意味で、ワクチンの接種は意味があると考えているからです。

 特に幼少の子供たちには受けてほしいのです。数年前、ある屈強な初老の男性が診察に来られた際、自分の病気のことではなく、インフルエンザで亡くなられた小学校2年のお孫さんの話をされました。「なぁ先生、なんでワシの孫なんじゃ。自分のことやったらなんでも辛抱できるけど、孫のことはつらいなぁ…救急車の中で『のどが渇いた』と言うたのが最後の言葉やったんや…」。お話を聞いているうちに、涙が止まらなくなりました。本当に痛ましいことです。

 ですから、少しでもこうしたリスクを減らせるのであれば、ワクチンは接種するべきだと思うのです。また、予防接種対象疾患であるジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ、麻疹、風疹、日本脳炎、結核、小児の肺炎球菌感染症、インフルエンザ菌b型(インフルエンザウィルスとは違います)、ヒトパピローマウィルス感染症、水痘、B型肝炎に対するワクチンは接種するべきだと考えています。上記疾患は、ワクチンを接種することにより、高い確率で感染を防ぐことができます

 Posted by at 2:12 PM
10月 112016
 

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのフィンランディア杯は7日、フィンランド・エスポーで女子フリーがあり、浅田真央(中京大)は2位に入り、今季初戦を終えた。ショートプログラムに続き、初お披露目となったフリーの演技でも2位。表彰台にこそ上ったものの、ジャンプの精度を欠き、課題も残った。

 「滑り込みがもう少し必要だと感じた」。2日間の演技を終えて、浅田も佐藤信夫コーチも、認識は一緒だった。「いまの状態では、最高のレベルで試合に臨むことができない」と浅田は言う。調整不足でトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを回避したが、演技時間の長いフリーは「最後まで滑りきるスタミナがあったわけではない」という。高得点を稼ぐ後半の3連続ジャンプは単発で失敗に終わった。

 ただ久しぶりの実戦は、浅田の感覚を徐々によみがえらせているようだ。「試合を重ねていくごとに徐々に安定はしてくると思う。試合勘もだいぶ戻ってきてはいる。出たことは良かった」と手応えを語った。

 次戦は、2週間後のグランプリシリーズのスケート・アメリカ。日本には戻らずに直接、振付師がいる北米に渡る。演技構成などの面で助言を受け、滑り込みを重ねる予定だ

 Posted by at 8:51 PM
9月 252016
 

毎日新聞 によると。

 ◇10カ所で8000ベクレル超

 東京電力福島第1原発周辺の飲料用や農業用の大規模ダムの底に、森林から川を伝って流入した放射性セシウムが濃縮され、高濃度でたまり続けていることが環境省の調査で分かった。50キロ圏内の10カ所のダムで指定廃棄物となる基準(1キロ当たり8000ベクレル超)を超えている。ダムの水の放射線量は人の健康に影響を与えるレベルではないとして、同省は除染せずに監視を続ける方針だが、専門家は「将来のリスクに備えて対策を検討すべきだ」と指摘する。

 ◇貯水線量、飲料基準下回る

 同省は原発事故半年後の2011年9月、除染されない森林からの放射性物質の移動を把握するためダムや下流の河川などのモニタリング調査を開始。岩手から東京までの9都県のダム73カ所で1カ所ずつ数カ月に1回程度、観測している。

 このうち底土表層濃度の11~15年度の平均値が指定廃棄物の基準を超えるダムは、いずれも福島県内の10カ所で、高い順に岩部(がんべ)ダム(飯舘村)1キロ当たり6万4439ベクレル▽横川ダム(南相馬市)同2万7533ベクレル▽真野ダム(飯舘村)同2万6859ベクレル--など。ただ、表層の水は各ダムとも1リットル当たり1~2ベクレルで、飲料水基準の同10ベクレルを下回る。

 同省の調査ではダム底に堆積(たいせき)したセシウム総量は不明だが、10ダムのうち福島県浪江町の農業用「大柿ダム」で、農林水産省東北農政局が13年12月、総量を独自調査。ダム底の110カ所から抜き取った堆積土の数値をもとに10メートル四方ごとの堆積量を試算。セシウム134と137の総量は推定値で約8兆ベクレルになった。

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す。環境省は「ダムに閉じ込めておくのが現時点の最善策。しゅんせつすれば巻き上がって下流を汚染する恐れがある」としている

 Posted by at 6:48 PM