羽生結弦の “限定オルゴール” が即完売のウラで、コラボ快諾の意外な理由

週刊女性PRIME によると。

 10月20日に開幕したフィギュアスケートグランプリシリーズ。日本が誇るエースの羽生結弦は、11月3日から行われる第3戦のフィンランド大会に出場する。人気ぶりは相変わらずで、

「10月に2冊の写真集が発売され、10月22日付のオリコンランキングでは、2作同時にトップ10入りしています」(スポーツ紙記者)

 10月17日には、彼にちなんだ“あるもの”が発売に。

「昨シーズン演じたショートプログラム、ショパンの『バラード第1番』と、フリーの『SEIMEI』をメロディーに用いたオルゴールがそれぞれ発売されました。写真も羽生選手を撮影し続けているフォトグラファーの能登直さんの撮り下ろしで、ファン必見のものになっています」(同・スポーツ紙記者)
あっという間にプレミア化
 オルゴールはクリスタルを用いた豪華なもの、ジュエリーケース状になっているもの、ショップバッグのような形になっているカジュアルなものの3種類で、2200円~4万5000円となっている。

「発売当日は3時間で完売。数量限定のため、直後に出品されたフリマサイトでは価格が高騰しました。2200円のものが2点セットで2万円、4万5000円のものが5万5000円でしたね」(ワイドショースタッフ)

 あっという間にプレミア化したオルゴールだが、反響を受けて11月からは注文の受け付けが決定している。今回、このオルゴールを作成した『日本電産サンキョー』は、オルゴール業界で最大ともいわれるメーカー。今回のコラボレーションについて問い合わせてみると、
「楽曲に関しては、羽生選手がどの部分を使用するかを考えました。『バラード第1番』は冒頭部分、『SEIMEI』はステップの部分で、映像がすぐにイメージしやすい場面です」(同社担当者)

 実際にこの部分は、30秒以内に収まる短いもの。しかし、

「何度もやりとりを繰り返しましたね。羽生選手の“音楽”に対するこだわりの深さを感じました」(同・担当者)

 今回のコラボレーションが決定した背景には、実は意外な理由があった。

「この会社のスケート部には、平昌五輪のスピードスケートで2つの金メダルを獲得した高木菜那さんをはじめとした有力選手が在籍しています。冬季五輪のスケート競技にゆかりが深いこともあって、羽生選手も快諾したそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 オルゴールの人気同様、今年も破竹の勢いで滑り出してくれるはずっ!

坂本花織、首位発進も反省「練習足りていなかった」

日刊スポーツ によると。

グランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカで2位に入った坂本花織(18=シスメックス)が68・76点で首位発進した。

23日に米国から帰国。中3日での演技となったが「ほぼ調整…なんですけれど、グランプリ、グランプリって続いたら、ちょっと気持ちがもたない。いつも練習している場所なので『いい練習にもなるかな』って思いました」と次戦のGP第3戦フィンランド大会(11月2~4日、ヘルシンキ)への連戦を選んだ。

この日は冒頭のフリップ-トーループの連続3回転で2・33点の加点を導く大きなジャンプ。ダブルアクセル(2回転半)、3回転ループも成功させたが、スピンでミスがあり「スピンは練習が足りていなかった。反省しています」と苦笑いで振り返った。

28日にフリーがあり、ゆっくりと休む間もなくフィンランドへ旅立つ。スケートアメリカではジャンプに意識が向くあまり「今シーズンは指先を注意してやろうと思っているけれど、そこまで行き届いていなかった」。GPファイナル進出が懸かる次戦に弾みをつけるため「自信を付けて、フィンランドに行けるような演技をしたい」と誓った。

宮原知子連覇!課題のジャンプ回転不足に決別「形になってきた」

スポニチアネックス によると。

 オリンピアンの2人がワンツーフィニッシュだ。女子は、平昌五輪4位の宮原知子(20=関大)が、ショートプログラム(SP)に続いてフリーでも1位(145・85点)。合計219・71点で大会2連覇した。GPシリーズ通算3勝目。五輪6位で、SP2位の坂本花織(18=シスメックス)が合計213・90点で2位に入った。SP4位の本田真凜(17=JAL)は合計158・04点で8位に沈んだ。

 昨シーズン、亡霊のように付きまとった「回転不足」に、決別の兆しが見えた。首位のSPに続き、宮原が2日連続でジャンプをまとめた。直前に滑った高得点の坂本を超え、連覇を決めた。

 「ジャンプで回転不足がなかったのが一番の収穫です。技術的な面で手応えをつかんだのが良かった」

 大人っぽい黒い衣装に身を包み、タンゴ系の「ブエノスアイレスの冬」のメロディーに乗った。得点源のルッツ、トーループの連続3回転ジャンプは鮮やかだった。ほぼミスはなし。「少しずつ変えてきたジャンプが形になってきた手応えはある」。緊張で動きが悪くなった6日のジャパン・オープンを反省し、今回は本番前に上半身を動かすことを取り入れた。浜田美栄コーチも「体が硬くなると肩が上がって上半身が回らなくなるから。今日は緊張しても自分で修正できていた」と評価した。

 昨季開幕前は、股関節の骨折からのリハビリに時間を費やした。完治した今年は違う。浜田コーチは、9月上旬の時点で「筋肉痛になるぐらい、トレーニングを凄くしている。10月半ばまで負荷をかけていく」と語っていた。これまでにない肉体強化。昨オフがマイナスを0に戻す取り組みなら、今オフは0をプラスに変え、伸ばす日々。GPシリーズ初戦に向けてのアプローチが180度異なった。

 「体の不安がないし、去年とは練習量が全く違う。技術面と表現面をもっと上げたい」。次は11月のNHK杯(広島市)。昨季はオフに練習を積めない状態で平昌五輪で4位に入った。万全の今年は、もっといい演技が期待できる。