マダニ媒介ウイルス、飼い犬の感染確認!

朝日新聞デジタル によると。

マダニを介してうつるウイルス病「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が見つかった13県のうち3県で、地域の飼い犬もウイルスに感染していることが山口大の調査で分かった。犬の散歩道という身近な生活圏にも、ウイルスが潜んでいる証拠だ。20日に岐阜市で始まった日本獣医学会で発表した。

 山口大の前田健教授(獣医微生物学)らは昨年、40都道府県で動物病院を受診した飼い犬計743匹の血液を調べた。その結果、山口、熊本、宮崎の3県で、調べた飼い犬の16~5%が、ウイルスに感染したことを示す抗体値が高い強陽性だった。厚生労働省結核感染症課によると、人間の患者は13日現在、13県で43人(うち18人が死亡)確認されているが、そのうち兵庫県と鹿児島県では今回の飼い犬調査は出来ていない。

 犬の場合、SFTSウイルスに感染しても発病したという報告はなく、犬から直接、人に感染した例はこれまで知られていない。

 前田教授は「飼い犬で陽性が確認された地域では、身近な場所にもウイルスがいる可能性が高い。11月ごろまでマダニのシーズンは続くので、公園の散歩などでもマダニがつかないよう草むらには注意した方がいい」と話す。

多様化する「ドッグラン」……しつけとマナー整え楽しく

産経新聞によると。

 犬と飼い主の社交場ともいえる「ドッグラン」。屋外型や室内型など施設の種類も多様化し、数も増えてきた。ドッグランに集まる飼い主と犬の経験値はさまざま。愛犬と一緒に楽しむには、しつけとマナーが重要だ。(油原聡子)

 ◆リードなしで

 「ラッキー、こっち!」

 8月中旬、東京都稲城市の会社員の男性(41)は、愛犬のラッキーと、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)のドッグランを楽しんだ。リードを外し、ラッキーは元気いっぱいにフロアを駆け回る。男性は「散歩ではリードがあるが、ドッグランでは自由に走れ、ラッキーも楽しそう。月に1回程度はドッグランを利用しています」と話す。

 同ホテルは昨春、ペット同伴利用のサービスを大幅に拡充しようと、屋内型のドッグランを新設。ドッグランを運営するアドホック(豊島区)の広報担当、辻村宏さんは「公園内やリゾート地、高速道路のサービスエリアなどさまざまな場所でドッグランは増えています」。

 無料や有料、登録制などさまざまなドッグランがあるが、事前に利用したい施設の利用条件や規則は確認しておく。トラブルを防ぐためにも、規則とは別に最低限のマナーやしつけは必要だ。病気の犬は連れていかない▽予防接種は受けておく-など他の犬に迷惑を掛けないようにする。ドッグトレーナーの須崎大さん(38)は「ドッグランは、ただ犬のエネルギーを発散させる所ではない。犬と飼い主の社交場であるべきだ」と指摘する。

安藤美姫、今季SP初披露「温かく見守ってほしい」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートの元世界女王で、4月に女児を出産した安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=が21日、茨城・ひたちなか市の笠松運動公園でアイスショーに出演。来年2月のソチ五輪出場を目指し、3季ぶりに復帰する今季のショートプログラム(SP)を公の場で初披露したが、注目されていた曲名はベールに包んだ。

 安藤は光り輝くラインストーンをちりばめたゴールドの衣装で登場。冒頭に予定した2連続ジャンプは単発の1回転になって失敗したが、次の3回転サルコーと2回転半ジャンプは成功。「まだ練習不足で人前で滑れる状態ではないが、感触はよかった。もっといい作品になるよう練習したい」と力を込めた。

 SPの楽曲はロシア人の振付師が選んだもので「自分らしさを忘れずにスケート人生を歩みながら、光っていくイメージ」と説明。だが、肝心の曲名については「契約上の問題がある」として、復帰戦のネーベルホルン杯(26~28日、ドイツ)まで報道陣に公表しないよう求めた。

 公演のフィナーレでは、SPの冒頭で失敗した3回転ルッツを着氷。「回転不足だったけど失敗せずに跳べたのは自信につながる」と手応えを示した。「波のある選手ですが、温かく見守ってほしい」と呼びかけた安藤。観客の前で滑る予行演習を終えて、ソチへの第一歩となるドイツへ旅立つ。

 ◆安藤のソチへの道 日本女子の出場枠は3つ。〈1〉全日本選手権優勝者〈2〉全日本2位、3位とGPファイナル表彰台最上位者〈3〉前2項目の条件から外れた選手と世界ランク上位3人、国際大会シーズン最高スコア上位3人。12月末の全日本選手権終了時にこの3点の順で選考し、代表3人を決定する。2季休養していた安藤は全日本の出場資格がないため、ブロック予選の関東選手権7位以内、東日本選手権6位以内となり、全日本出場権を得る必要がある。全日本までに国際連盟が定めた最低技術点を国際大会でクリアすることも条件

真央ちゃん、集大成の“銀盤”競技使用14曲アルバム

スポニチアネックス によると。

 来季限りでの現役引退を表明しているフィギュアスケート女子の浅田真央(22)の“集大成アルバム”が10月2日発売される。「浅田真央スケーティング・ミュージック2013―2014」というタイトルで、浅田がプログラムなどで使用した曲から思い出深い14曲を自ら選んだ。

 10年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した際の使用曲や、今シーズンのショートプログラム(SP)で7年ぶりに使用したショパンの「ノクターン(第2番)」などを収録。01~02年にかけてSPで使った「セイ・ヘイ・キッド」も収められており、まさに競技人生を集約した楽曲群になっている。

 特典DVDでは姉の舞さん(25)と対談しており「ノクターン」について「最後の五輪シーズンになるから“真央が素晴らしいね”と言ってもらえた曲で滑ろうと思った。7年前より変わってると思って見てもらえるとうれしい」。来年2月のソチ冬季五輪へ向け、来月18日にGP開幕戦スケートアメリカ(デトロイト)に挑む。

安藤美姫「ソチへの第一歩」26日復帰をFBで明言

スポーツ報知 によると。

 4月に女児を出産したフィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(25)=新横浜プリンスクが、26日からドイツのオーベルストドルフで開かれるネーベルホルン杯で復帰することが、18日までに明らかになった。2度目の優勝を飾った2011年世界選手権以来3季ぶりの復帰戦に挑み、目標のソチ五輪出場へ踏み出す。

 大会を主催するドイツ・スケート連盟が17日に安藤の出場を発表。日本連盟は18日、ドイツ連盟から正式なエントリー通知が届いたと明らかにした。安藤は国際大会の派遣対象となる日本連盟の強化選手から外れているがドイツ連盟から招待状が届いたという。日本連盟内では出場を認めるかどうかで賛否両論があったが、安藤が出場の意思を示したため了承した。

 当初は12月の全日本選手権の1次予選を兼ねた関東選手権(10月12~14日、新横浜スケートセンター)で復帰し、強化選手に戻ってから国際大会に出場する流れだった。五輪出場には国際連盟(ISU)が定めた最低技術点を国際大会で突破する必要がある。ISU公認の今大会で最低技術点を取得すれば、早くもソチ代表の条件を1つクリアすることになる。

 安藤は交流サイトの「フェイスブック」で「競技への復帰に不安もありますが、これがソチへの第一歩。ベストを尽くしてきます」と約2週間早まった復帰戦に臨む覚悟を示した。

 ◆安藤のソチへの道 日本女子の出場枠は3。まずは全日本予選の関東選手権で7位以内、東日本選手権(11月1~4日・群馬総合スポーツセンター)で6位以内となり、ソチ五輪代表選考会の全日本選手権(12月21~23日・さいたまスーパーアリーナ)の出場権を得る必要がある。全日本までにISUが定めた最低技術点をクリアし、全日本で優勝すれば3大会連続の五輪が確定する。

 ◆安藤美姫のこれまで
 ▽2011年4~5月 世界選手権(モスクワ)で4年ぶり2度目の優勝。同大会後にモロゾフ・コーチとの師弟関係を解消。
 ▽6月 10月開幕のGPシリーズ欠場を発表。
 ▽11月 11~12年シーズンの完全休養を発表。
 ▽12年10月 コーチ不在のため12~13年シーズンも休養を発表し、13~14年シーズンで引退する意向も表明。同時期に妊娠が判明。
 ▽13年4月 女児出産。
 ▽6月 都内で9か月ぶりにアイスショーに出演。
 ▽7月 1日夜のニュース番組で女児出産を公表。
 ▽8月 出産公表後初の記者会見。
 ▽9月 ネーベルホルン杯で3季ぶりの試合復帰を発表。