反町・松嶋夫妻に賠償命令…飼い犬にかまれ住人退去 賃料収入を失ったとして

スポニチアネックス によると。

 俳優の反町隆史(39)と松嶋菜々子(39)夫妻の飼い犬にかまれて負傷した同じマンションの住人が退去したため賃料収入を失ったとして、不動産管理会社が、夫妻に約5220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は14日、385万円の支払いを命じた。

 宮坂昌利裁判長は、管理会社が退去した住人の女性側に月175万円の賃料の2カ月分に当たる違約金を請求しなかった点について、「本来、女性側に生じたはずの損害を管理会社が肩代わりしたといえる」と指摘。反町夫妻に違約金と弁護士費用を支払う義務があると認めた。

世界保健機関(WHO)、SARSウイルスに似た新型コロナウイルスについて、人から人に感染する可能性があると警告。サウジアラビアや欧州では同ウイルス感染で18人が死亡

ロイター によると。

世界保健機関(WHO)は12日、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスに似た新型コロナウイルスについて、人から人に感染する可能性があると警告した。サウジアラビアや欧州では同ウイルス感染で18人が死亡している。

サウジを訪問したWHOのフクダ事務局長補は、リヤドで記者団に対し「(感染者との)濃厚な接触がある場合、このウイルスが人から人へ感染するという仮説が裏付けられつつある」と述べた。

宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話を、堺雅人を主演に迎えて映画化した感動作『ひまわりと子犬の7日間』

ぴあ映画生活によると。

宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話を、堺雅人を主演に迎えて映画化した感動作『ひまわりと子犬の7日間』のブルーレイとDVDが8月7日(水)にリリースされることが決定した。

本作は、管理所に収容され、“命の期限”が決められた犬の母子と、職員たちの姿を描いた物語。山田洋次監督のもとで20年にわたって脚本家、助監督として経験を積んだ平松恵美子監督がメガホンを執り、堺、中谷美紀、でんでん、若林正恭(オードリー)、吉行和子、夏八木勲らが出演している。

初回限定のブルーレイには特製アウターケースとポストカード、ステッカーがつき、映像特典としてイベント映像集と、犬の撮影スナップ集、特報が収録される予定。またDVDは家族や友人、親類などにプレゼントしやすいように2940円(税込)でリリースされる。またBD、DVDともにオリジナル音声(5.1ch/2.0ch)と音声ガイド(2.0ch)を収録している。

避難所のペットOKに・・・自治体向けガイドライン

時事通信 によると。

 環境省は11日、地震などの災害時に被災者が避難所や仮設住宅にペットを持ち込むことができるよう、自治体に受け入れ体制の整備を求める方針を決めた。今月中に受け入れのガイドラインを作成し、自治体、関係機関に配布する。

 東日本大震災では、避難所への持ち込みを拒まれ、ペットとの車中生活を余儀なくされる被災者が見られた。また東京電力福島第1原発事故が発生した福島県では、警戒区域内に犬や猫などを残して避難し、餌不足で死なせてしまうケースがあった。
 同省は、ペットを家族の一員と捉え、「一緒に避難することが被災者の心の安定にもつながる」(動物愛護管理室)と判断し、避難所、仮設住宅での受け入れを自治体に要請することにした

現在、利用しているかかりつけの動物病院を選んだ一番の決め手は?

マイナビニュースによると。

ペット業界のアンケートサイト「ペット総研」は、動物病院を選ぶ際の基準に関するアンケート調査を実施した。実施期間は3月6日から4月2日、有効回答者数は1,479名。

○獣医師の「人となり」を重視

「現在、利用しているかかりつけの動物病院に満足していますか?」とたずねると「満足・大変満足」だと感じているオーナーが8割を占めた。自由回答では「説明が丁寧で親身になってくれる」「自分のペットのようにかわいがってくれる」などがあり、医師と患者の垣根を越えた、親密な関係をあげるコメントが多数見られた。

このことから、治療の腕のよさはもちろんのこと、獣医師の「人となり」が利用者の満足度を左右することがわかった。

また、「現在、利用しているかかりつけの動物病院を選んだ一番の決め手は?」とたずねると、「信用できる獣医師がいる」の回答が圧倒的に多かった。

一方、「不満・大変不満」の自由回答では「態度が偉そう」「飼い主側の気持ちに立っていない」などの理由が挙げられた。