人間の20歳は、犬は1歳過ぎ~

NEWS ポストセブン によると。

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、犬の“成人“について解説する。

 全国的に成人式を迎える今日この頃。日本では20歳からが一応大人ってことだけど、犬ってのは、果たしていつから大人なのか?
 コレ結構難題。性的な成熟度、肉体の発達、行動の落ち着き具合など、視点によって変わる。

 まず、性的な成熟度。メスが最初の発情を迎えるのは、だいたい6~8か月齢頃。オスがマーキングを始めるのもこの時期。子どもは産める。ただ、まだまだ、大人とはいいがたい。このあたりはいわゆる第2次性徴期なわけで、人間でいえば中学生。

 肉体の発達具合から見るとどうか。犬の成長が止まるのは、個体差はあるけど、おおよそ1歳過ぎから2歳前あたり。人間でいえば、10代後半~20代半ばってところ。犬にとって、日本での成人にあたるのはまさにこのあたりですな。

 もっとも、成人にあたる年齢っていっても、人間も犬も、行動的には落ち着いた大人の立ち振る舞いには、まだまだほど遠い。
 落ち着き具合から見るとどうなのっていうと、多くの飼い主が犬の落ち着きを実感するのは、3歳ぐらい。これ、人間の年齢でいうと、20歳代後半。そろそろ所帯でも持って身を固めようか、って年齢。ま、うなずけますわな。
 えっ、「なんか、はっきりしないな」って? そんなもんですよ、大人の定義なんてもんは。

 そもそも日本、20歳で成人たって、考えてみれば、単なる法律上の区切り。これからは、税金とか収める義務が生じるもんね。それと犯罪はちゃんと罰しちゃうもんね、そのかわりお酒とパチンコ・競馬とかは許してあげるかんね、って、なんか管理する側の都合っていえなくもない

「ペットと一緒の初詣」と題した新年の祈祷

AFP=時事

東京都新宿区の市谷亀岡八幡宮(Ichigaya Kamegaoka-Hachiman Shrine)では13日、「ペットと一緒の初詣」と題した新年の祈祷が行われ、飼い主約500人がペットを連れて参拝

ペット好き専用カメラアプリケーション「ペットカメラ」に、デコレーションした写真をシールとして注文できる機能を追加

japan.internet.comによると。

NEC ビッグローブ(BIGLOBE)は、ペット好き専用カメラアプリケーション「ペットカメラ」に、デコレーションした写真をシールとして注文できる機能を追加した。iOS 4.3以降を搭載する iPhone/iPad/iPod touch、Android 2.2以降を搭載する Android 端末に対応。iTunes App Store と Google Play ストアで無償ダウンロード提供中。
ペットカメラは、ペットの写真をスタンプやフレームで可愛くデコレーションして投稿できるアプリケーション(関連記事)。今回追加された機能によって、デコレーションした写真を選択するだけでシールの作成が可能となった。シールプリントは、1枚400円で、1枚から注文できる。

また、同社は、犬や猫、うさぎなどのペット写真の投稿を中心にペット好きが交流できる SNS「ペットスマイル」を運営している。今回、ユーザー間のコミュニケーションを活性化するため、プードル/チワワ/アメリカンショートヘアー/マンチカンなどペット種別ごとのコミュニティを新たに開設した

ダイエットの支援とペット育成を融合させたiOSアプリ「ぜい肉で育つダイペット」の配信を開始

Impress Watchによると。

 クーガクリエイトは、ダイエットの支援とペット育成を融合させたiOSアプリ「ぜい肉で育つダイペット」の配信を開始した。App Storeからダウンロードできる。
 今回配信が開始された「ぜい肉で育つダイペット」は、ダイエットの継続に重点を置いたiOS向けアプリ。ユーザーの体重の推移により、無駄な肉がアプリ内のペットのエサになるという設定で、毎日の体重を記録することでペットが成長・変化したり、あたらしい部屋が増えたりする。

 同アプリは、2012年8月にリリースされたアプリ「ダイペット」の強化版。iOS 4.3以降の端末で利用できる

全米各地から注文が殺到「犬用ビール」

AFP=時事 によると。

 ドーグ・グロッグの生みの親は、米オレゴン(Oregon)州在住のダニエル・キートン(Daniel Keeton)さん(32)。ペットのアメリカン・スタッフォードシャー・テリア、ローラ・ジェーン(Lola Jane)の協力を得て1年がかりで完成させた。
 主原料は本物のビールの製造工程で残る麦芽かす。キートンさんが働く同州のボーンヤード醸造所(Boneyard Brewery)で入手するという。

 8日に行われたAFPとの電話インタビューでキートンさんは次のように語った。
「普通なら捨てられてしまう使い終えた材料(のかす)をリサイクルしているんだ」
「犬も人間のビールが大好きだって言う人には何人も会ってきた。しかし犬(の健康)にとっては良いはずがない。だから楽しく与えることのできる健康的な代替品を作ろうと思ったのです」
 約500ミリリットルのボトル6本または12本セットで売り出されたドーグ・グロッグ。2012年8月、同州のほぼ中心に位置するベンド(Bend)市(人口7万6000)に初めて出荷された。
 そのうちに全国的にも注目を集めるようになり、キートンさんの元には全米各地から注文が殺到するようになった。米国では近年、小規模な醸造所で作られる地ビールの人気が高まっている。

 キートンさんいわく、ドーグ・グロッグの味は「甘くて、キャラメルやモルトの風味」。犬にはそのまま飲ませるか、餌と一緒に与えるのが良いとのとこで、原料には野菜のエキスも含まれている