犬もお屠蘇気分で酒を楽しめるのか?

NEWS ポストセブン によると。

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、犬もお屠蘇気分で酒を楽しめるのかについて、解説する。

 あけおめ、2013年。本日あたりは、まだまだお屠蘇気分の諸兄が多いのでは? ところでですな、酒好きであれば、一度は考えたことがあるのでは? 「犬に酒ってどうなのよ」ってことを。
 私めも、晩酌は欠かさないタイプ。酒の肴の匂いに誘われてか、私めがたしなんでいると、犬ってのは必ず数回はよってくる。悪戯心を出して試しに、「おまえもたしなむか」って、酒の匂いを嗅がす。その時の反応はっていうと、これが犬によって違う。

 今は亡き日本犬MIXのパートナー犬は、日本酒とビールにはペロペロって舌をつけた。ワイン、焼酎、ウイスキーはまったくダメ。匂いを嗅いだだけで、どっかへいっちゃう。
 現在のパートナー犬の1匹も日本犬MIXだけど、こやつはすべての酒類に対して、顔を背ける。もう一匹のパートナー犬は、ドイツとフランス原産の純血種のMIX。ワインとビールならいけそうだけど、こやつも酒類は一切ダメ。

 たしなめる奴とそうでない奴、どこがどう違うのか? 謎ではありますな。

 さて、そもそも酒を犬に飲ませていいものか。獣医師によれば、微量なら問題ないのでは? ってこと。実は、犬は体重1キログラムあたり4グラムほどのアルコールを摂取すると、24時間以内に半数が死に至る。

 4グラムのアルコールってのは度数15%の日本酒で換算すると、約26cc。おちょこ1杯分程度ってこと。先の亡きパートナー犬は体重16キログラム。ペロペロって舌をつけるくらいなら、とりあえず問題ないってところですかな。
 ちょっとぉ、あんた達こそ今日あたりはペロペロでおしまいにしなさいよね、ベロベロになるまでじゃなくってさ! って。カミさん達の声が、なんか聞こえてきそう。ま、お互い、ほどほどにしておきましょうか、今夜あたりは

動物用小型血糖値測定器を4日に発売

京都新聞 によると。

 堀場製作所は、国内では初めて薬事法の認可を受けた動物用小型血糖値測定器を4日に発売し、動物病院市場に本格参入する。ペットの増加で拡大する動物病院向け医用機器を、収益事業の一つとして強化する。
 発売する「アントセンス? VET」は、人間用に開発された小型血糖値測定器をもとに開発した。前処理をしなくても、血液1滴(5マイクロリットル)をそのまま測定部にたらすだけで、血糖が含まれる血漿(しょう)だけを血液からろ過し、45秒で血糖値が表示される。価格は本体が17万8500円、48回分の測定用カートリッジが4500円。
 動物の血糖値測定には、前処理などの手間と時間がかかる大型の高機能血液検査装置や、人間用の測定器が使われている。少量の血液で迅速、高精度に測定できる小型の動物専用測定器はなかった。
 国内の動物用医用機器市場は約100億円で、毎年10%ずつ増加しているという。同社では、昨夏から社内で専門の営業チームを設け、販売ルート開拓を進めてきた。2015年には千台の販売を目指し、人間向け医用事業の15%にあたる売上高10億円を目指す。米国や中国など海外市場でも販売する予定

市谷亀岡八幡宮(新宿区市谷八幡町)でおととし8月15日から授与されているペットの迷子札を兼ねたお守り「百守鈴(ももりん)」が、飼い主らの口コミで広がっている

みんなの経済新聞ネットワーク によると。

 市谷亀岡八幡宮(新宿区市谷八幡町)でおととし8月15日から授与されているペットの迷子札を兼ねたお守り「百守鈴(ももりん)」が、飼い主らの口コミで広がっている。(市ケ谷経済新聞)
 同神社はペットと一緒に参拝ができることで知られる全国的にも珍しい神社。ペットのための健康祈願やさまざまなお守りもあり、ペット愛好家には有名な存在となっている。

 お守りは、スキューバダイビングで使われる「ログタンク」と同じ防水仕様のアルミ製アルマイト加工のカプセルに、お守りを兼ねたIDカード(迷子札)が入れられたもの。人間のお守り同様の祈念が施されており、カードには飼い主がペットの名前と緊急連絡先、「健康長寿」や「無病息災」などの願い事を記入できる。考案者である同神社禰宜(ねぎ)の梶正樹さんは「『たくさんの災いからペットが守られるように』という願いを込め、厄を払う『鈴』をかたどり頑丈な作りにしました」と話す。
 
 きっかけは梶さんがおととし5月、東日本大震災の被災地でボランティア活動を行っていた東京鋼産社長の本間清さんに、飼い主と離れ離れになってしまった多くの被災動物の苦境を聞いたこと。同社でダイビング用品を製造している本間さんと一緒に「何か自分たちにできることはないか」と考え、ペットの身分証明としても役立つお守りを発案・製作したという。

 昨年2月には「被災したペットが少しでも心安らかに暮らせるように」と、福島県動物救護本部のシェルターに保護されている犬猫合わせて250頭に行き渡るように、その同数の「百守鈴」を共同で寄贈した。

 お守りとカプセル型容器を合わせた1体の初穂料は2,000円。ホームページやブログなどの口コミから広まり、おととしは約400体、昨年はその5倍の約2,000体を授与した。最近ではペット愛好家だけでなく秋田県にある警察犬訓練所からの需要もあるという

外出先からでもペットの様子などを確認できるため、若い女性を中心に人気・掃除ロボット「COCOROBO(ココロボ)」

SankeiBiz によると。

 家電各社は、スマートフォンと連携した白物家電の開発に力を注いでおり、新しい機能を搭載した製品で買い替え需要の拡大をもくろむ。インターネットを活用して自宅から離れた場所にいても機器を操作できたり、室内の画像を見られるなど利便性を格段と高めたのが特徴。冷蔵庫やエアコンといった白物家電は消費者の高機能志向が高まっており、ニーズに応えて拡販につなげようと家電各社は知恵を絞っている。

 シャープの掃除ロボット「COCOROBO(ココロボ)」のウリの一つが、内蔵カメラで撮影した室内の画像をスマホに送信する機能だ。外出先からでもペットの様子などを確認できるため、若い女性を中心に人気という。掃除とは関係のない機能だが「より面白みが出る」(同社)として搭載した。

 12年12月には、スマホでココロボを遠隔操作できる専用アプリ(応用ソフト)の配信も始めた。スマホの画面に室内の家具や家電の位置を表示し、外出先からでも指定した場所を掃除できる。また、ココロボに別売りのコントローラーをセットすれば、赤外線通信を使ってエアコンや照明の操作も可能だ。

 一方、パナソニックはスマホと連携した調理家電を前面に押し出している。このうち、料理にあった焼き加減などを設定できるオーブンレンジは、専用サイトでレシピを検索して「おサイフケータイ」機能が付いたスマホを本体にタッチするだけでいい。同様に炊き方などを設定できる炊飯器も開発し、売り出した。これまでは料理本などを見ながら煩雑な操作が必要な場合もあったが、スマホをかざすだけで済むようにしたという。

 同社は12年秋にスマホ連携のエアコンや冷蔵庫、洗濯乾燥機も追加発売した。エアコンは消し忘れた場合でも、スマホを使って外出先から電源をオフにできる。冷蔵庫では、本体にスマホをタッチすることで扉の開閉回数といった使用状況を確認でき、省エネにつながるという。洗濯乾燥機は、スマホをかざせば衣類の量に応じた洗剤や柔軟剤の適量が表示される。

 日本電機工業会と日本冷凍空調工業会によると、12年度の白物家電の国内出荷額は前年度比6.6%減の2兆592億円と、2年連続のマイナスとなる見込み。家電エコポイント制度でエアコンや冷蔵庫の需要が底上げされた反動もあり、頭打ちの状況だ。ただ、今年はスマホと連携した白物家電の新製品がさらに増えるのは確実で、家庭への浸透も進みそうだ

年末年始に犬の健康のための注意点を伝授

NEWS ポストセブン によると。

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、年末年始に犬の健康のための注意点を伝授する。

 * * *
 Xマス、年末年始の準備、帰省、お正月……とこれからしばらく続く、楽しくも慌ただしい日々。この時期は動物病院に急患が担ぎ込まれることも増えるそう。そこで、今回は年末年始の注意点を。

 その壱……車での移動に注意。

 帰省や初詣など、車で出かける機会も増える。よく犬を助手席に乗せている姿を見るけど、あれはダメダメ。事故の際、犬の安全が確保できない。車での移動は必ずクレート(小型犬ならプラスチック製のキャリーバッグ)に入れ、シートベルトをクレートにかけること。あるいは、万が一の時にも、ダメージの少ない場所に置くこと。

 その弐……ストレスに注意。

 親戚ほかが家に来ることも増える。日頃接していない他人が、自分のテリトリーに入ってくる。怖がりの犬は、それに大きなストレスを感じる。そうした犬には静かに休めるスペースを、人が集まる部屋とは別に作る。コレ忘れずに。

 その参……子どもに注意。

 子どもたちも、わんさかやってくる。子どもは大きな声を出してはしゃぐ。犬も大興奮。弾みで犬がケガすることもある。子どもが咬まれてケガすることもある。くれぐれも、小さな子どもたちだけで、犬と遊ばせないように。

 その四……誤飲、誤食に注意。

 ごちそうがテーブル狭しと並ぶのもこの時期の常。鯛のお頭や串ものには特に注意。内臓に刺さって大事に至ることもある。まずは、ごちそうが並ぶ部屋に、犬を一匹で残さないこと。

 それと、食べ物を落とさないように。ハンバーグなどタマネギの入った料理、チョコレートなどは、犬が中毒を起こす。特に子どもたちには、注意をうながすこと。

 師が走る程度の駆け足ではありましたが(どんな程度だ!?)、以上が年末年始の注意点。ではではご貴兄、くれぐれも事故のない、楽しい年末年始をね