エリザベスカラー派? それとも術後服派?

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

そのときに、うにとてんちゃんは服を着るのが苦手!と書きましたけれど、実は『まぁ大丈夫♪』な場所が、一か所だけあるのです。
それはどこかといいますと・・・・首周りなのです!(・∀・)b

小さい頃から迷子防止用のネームタグを付けた首輪をしていたからでしょうか、うにもてんちゃんも首周りに何かを装着するのには、かな~り寛容でして。

うになんて特に『大丈夫♪』なタイプだったので、たとえ相当大きな物だったとしても、たいして気にすることなく、首周りに着けたまま遊んだりしていました(^∀^;)
なのでふつうの首輪はもちろんのこと、マフラー、襟付きの首輪、ワッペン付き首輪、ふわっふわのフェイクファーなどなど、いろいろな“首周りオシャレ”をした写真が残っているのでした(*^-^*)

服を着ると途端に動きがきごちなくなっちゃうてんちゃんも、うに同様、首周りだけは大丈夫みたいです。
そんな2匹ですから、ケガなどをして致し方なくエリザベスカラーを付けたとき、付けたままキャットタワーに駆け登ってみたり、問題なくトイレに入ってみたり、便利なマクラとしてそのまま寝てみたり・・・・ものすごい早さでエリザベスカラーに馴染んでおりました。
『ちょっと大き過ぎるけどね、この首輪( ̄ω ̄)』ぐらいの感覚だったのかもしれませんよね、うに・てんにとっては(^∀^;)

もはや自分の一部!というぐらい、エリザベスカラーのあつかいが上手だったうに・てんとは真逆で、まったくエリザベスカラーになじめなかったのが、実はもーちゃん。
以前手術をしたあと、エリザベスカラーを付けなければならない時期があったのですが、歩くときもトイレに入るときもガンガンぶつかって上手くいかず、しまいには『もう動きたくない(_ _lll)』という感じになってしまい・・・。
あまりにも不憫だったのでカラーをやめ、術後服にしてみたところ、ようやくふつうに動けるようになったという(;・ω・A

まぁ、そんなことない方がいいに決まってるんですが、猫たちだって人間と同じで、やむを得ず手術をしなければならないときもあったりしますのでねd(・ω・;)
術後服かエリザベスカラー。
両方とも・・・とはいきませんでしたが、その片方だけでもあまりストレスなく付けてくれるコたちでよかったなぁと、思っている次第であります(;^∀^A

猫にとっての『遊び』は、『狩り』の延長線? 「おもちゃ」と「獲物」との関係性

ねこのきもち WEB MAGAZINE によると。

猫にとっての『遊び』は、『狩り』の延長線?
猫はおもちゃで遊ぶのが大好きですよね。我が家の猫らももちろん大好きで、それぞれに“お気に入りのおもちゃ”なんてものもあったりします。
で、思ったんですけど…・
猫にとっての『遊び』は、『狩り』の延長線上にあるものでしょう?  ということは“お気に入りのおもちゃ”というのは、“お気に入りの獲物”ってことでもあるのではないでしょうか。

そう考えると、うにの一番のお気に入りの獲物は『ネズミ』でしたねぇ。
そもそも遊ぶこと自体が大好きでしたから、ありとあらゆるおもちゃで遊んでましたけど、一番よく遊んでいたのは、小さなネズミのおもちゃでしたから。

猫にとっての『遊び』は、『狩り』の延長線?
そしてこの『小さな』というのがポイントですよね。
だってうにさん、運動神経が『いまひとつ』だったから、もし野生で暮らす猫だったとしても、大きな獲物はとれなさそうな気がするので。

もーちゃんは若かりし頃、鳥の羽できているおもちゃでうっかり野生を爆発させちゃったことがあるぐらいなので、たぶん野生に生きる猫だったら、鳥がお気に入りの獲物だったんじゃないかなぁと思うのです。
でも我が家の3猫の中で、一番レーザーポインターで遊ぶのが好きだったりもするんですよねぇ…・。実はもーちゃん、意外と虫のような小さな獲物もお好みだったりして。

猫にとっての『遊び』は、『狩り』の延長線?
てんちゃんもうにと同じく全てのおもちゃが大好きなタイプですが、一番大好きなおもちゃは『ヒモ』。
長いヒモを動かすと、大喜びで飛び付いてきます。ってことは、てんちゃんの一番のお気に入り獲物は…・『ヘビ』なのか!? 
我が家の紅一点で、体も一番ちっちゃいんですけど…・てんちゃんのお気に入り獲物が一番ワイルドだわね。

紀平梨花、「最後の最後まで集中力を欠くことなくできたことが本当に良かったです」

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、トリプルアクセル(3回転半)を2本成功させ、154・72点、合計は224・31点で、首位との6・58点差を逆転し、優勝。両方で今季世界2位の高得点をマークした。GPシリーズデビュー戦での優勝は、日本勢初の快挙となった。SP2位の宮原知子(20)=関大=はフリー143・39点、合計219・47点で2位。三原舞依(19)=シスメックス=は合計204・20点で4位だった。

 ◇紀平に聞く

 ―振り返って

 「最後の最後まで集中力を欠くことなくできたことが本当に良かったです」

 ―トリプルアクセル2本決めたときの心境

 「そのときも、次のジャンプが心配で仕方ないくらい焦りがあって、本当に集中することと、『絶対やってやる』って気持ちを頭に入れながらやって、良い演技ができた。本当に良かった」

 ―次戦のフランス杯に向けて

 「ショートもフリーも必ず集中して『やってやる』って気持ちを大事にして、トリプルアクセルも不安なく踏み切れるように練習していく。ファイナルも目指していけたら」