「しまむら」安価で高品質なコスパ抜群のガジェットバッグ「コーデュラミニショルダー」

Engadget 日本版 によると。

スマートフォンやタブレット、モバイルPCなど複数のガジェットを持ち歩くことがそれほど珍しいことでもなくなった昨今、皆さまはこれらをどのように持ち歩いていますでしょうか?

今の時期であれば上着のポケットに詰め込んだり、セカンドバッグやバッグインバッグを活用したりと、工夫の仕方は様々です。

今回は衣料品ストアチェーンで有名な「しまむら」にて販売されていた、安価で高品質なコスパ抜群のガジェットバッグ「コーデュラミニショルダー」の紹介をしようと思います。画像にあるガジェットが全部このバッグに入ってしまう驚異の収納力です。

▲ファッションセンターしまむらで販売されているコーデュラミニショルダー/税込2900円
「しまむら」らしい安くて高品質な逸品
「コーデュラミニショルダー」はファッションセンターしまむらで販売されている肩掛けのミニショルダーバッグです。スマートフォンをはじめとするいくつものガジェットをまとめて搭載できるのが魅力。

本体価格が3000円を割るというガジェットバッグとしては非常に安価であるにもかかわらず、しっかりとした縫製で、肩掛けベルトの固定フックも金属製で頑丈です。「低価格で上質」を特徴とするしまむらの販売アイテムらしいコストパフォーマンスです。

▲片方のスペースに初代GPD Pocket、もう片方のスペースに充電器やスマホ用のレリーズや三脚などの小物を入れてみました
実用性抜群! 余裕の収納力
それでは、さっそくコーデュラミニショルダーの特徴を見て見ましょう。

前面側にはマグネットでカバーを固定できる幅広のポケットが2つ。こちらにはおおよそ5.5~6インチ程度のスマートフォンがすっぽりと収まります。

メインの収納スペースとなる内部収納スペースの前面側にはスマートフォンや携帯電話などが入るポケットが2つ、USBドングル(モデムやUSBメモリなど)がちょうど入るポケット。通常のボールペンなどが1本入るペンホルダーやカードポケットなどが配置されています。

背面側にはメッシュのポケットが2つ。こちらも幅が広めのポケットになっているので、多少大き目のものや厚みのある端末でも大丈夫です。

中央にはファスナーで区切られ広いポケットがあり、USBケーブルや厚みのない小物を入れておくのに便利です。また、内部中央ポケットの外側も十分な広さを持つスペースとなっており、7~8インチ前後のタブレットやモバイルPCを入れておくにもいいかもしれません。

こんなコスパの良いバッグは本当に希少

3000円以下と非常に安価ながら本格的に使っていけるガジェットバッグとして、今回の「コーデュラミニショルダー」はオススメなアイテムです。

スマホやタブレットなどを沢山持ち運びできるガジェットバッグで、安価な製品は少ないです。今回のコーデュラミニショルダーは、ガジェットコレクターの本格的用途や、ガジェットバッグを初めて使ってみようという方にも、是非手に取ってみて欲しいですね。

ただし、しまむら系列のお店は製品の入れ替わり(回転)が比較的早いです。しまむらの広報担当者によるともとは全店舗で販売していたが、1月8日時点では700店舗に在庫があるとのこと。気になっている方は、店頭で見つけたら迷わずゲットしましょう!

ちなみに、しまむらの製品自体はZOZOTOWNでも販売しています。しかし、コーデュラミニショルダーは販売ラインアップにはありませんでした(1月8日時点)。

失速続くザギトワに心配の声 タラソワ氏「彼女の中で何かが壊れている」

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP1位だった平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=は、フリーで失速し、2位に終わった。3回転ルッツ-3回転トーループでの転倒。その後もジャンプの回転不足などが目立つなど精彩を欠き、フリーはシニア転向後では自己ワーストとなる123・34点と得点を伸ばせず、合計198・34点。シニア転向後初めて200点を切る得点で、大会2連覇はならなかった。

 ザギトワは演技後、悔しそうに顔に手をやった。まさかの5位に終わった昨年末のロシア選手権に続き、再びフリーでの失速。得点表示をうつろな表情で見つめた。「ファンや観客の皆さんに謝罪したい」。五輪から身長が7センチ以上伸びて迎えた今季。GPファイナルで日本の紀平梨花に敗れて以降、苦しい演技が続いている。

 不振が続く五輪女王に、ロシアから心配する声が上がっている。ロシアメディアの「スポルトエクスプレスト」電子板は、浅田真央らを指導した名コーチ、タチアナ・タラソワ氏のコメントを掲載。同氏は「何が起こっているのか・・・。彼女は疲れているように見えるし、集中力が欠けている。彼女の中で何かが壊れているように感じる」と心配し「何かを変える必要がある」と、指摘した。

 大会後、ザギトワは必死に前を向いた。「メダルも取れないかもしれないと思った。銀メダルはうれしい。もっといい瞬間がこの先にあると信じている」。五輪女王に訪れた試練。3月の世界選手権(さいたま)に向け、輝きを取り戻せるか。

嵐が会見、松本潤「グループを閉める」時期を考えていた

デイリースポーツ によると。

 国民的人気グループの嵐が2020年12月31日をもって活動休止することが27日、分かった。公式ホームページで明らかにした。メンバーは夜にそろって会見。解散について言及した。松本潤は「グループを閉める」時期を考えていたことを明かした。

 解散について質問が及ぶと松本潤が「解散ではありません」と明確に否定した。また、大野智から考えを聞かされた時の感想について質問が及び、二宮和也は「衝撃でした。僕、そんなこと考えてなかったので」と振り返った。「いろいろ話を進めていくなかで、ずっと僕らが言っていたのは、4人でも6人でも嵐ではないと思っている。5人でないと100%のパフォーマンスができないだろうと。リーダーの気持ちを尊重しての決め方ですね」と述べた。

 櫻井翔は「僕は驚きましたね」と振り返った。「グループメールのところに大野から話しがしたいと連絡があったんですよ。話をしたい、その後の内容を聞いた時に、相談というニュアンスより、ある程度意思が固まってることなんだろうなと解釈しました。中学生のころに出会って一緒にいる大切な仲間ですから。どれだけ時間をかけても全員が納得する形の着地点を探していかないといけない。これは僕の役割だろうなと思いました」。

 松本潤は「僕は常々グループ活動を続けることは、メンバーの強い意思があって初めてグループというのは続けられるとずっと思っていたので」と自身の考えを述べた。「自分たちがいい形であるうちに、グループを閉めると考えたこともありましたし、メンバーに話したこともありました。具体的な時期を話したことはなかったですけど。聞いた時に僕は驚きはしませんでした。これからのことを考えた時に、2020年で区切りをつけるのがベストなタイミングなのではないかと僕は判断しました」と語った。

 相葉雅紀は「初めてリーダーから聞いた時はひっくり返りましたね」と大きな衝撃だったことを訴えた。「まさかこんなに、現実で突きつけられた時は、最初は準備がいりましたし、お話するなかでどうにか嵐を続けて行ける方法はないのかなとリーダーとお話したこともありました。何回も話し合いを続けていく中で、ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと付き合わせるのは違うなと思いました」と語った。

100均でできる!簡単おしゃれな洋服収納術

All About によると。

100均の商品は、今や収納の定番アイテム!? でも、ただ安いからというだけで使うのはNG。セリアやダイソーなどの100均グッズをきちんと活用し、簡単おしゃれに洋服を収納する、ナイスな方法・アイデアをご紹介します。

100均グッズを使ったおしゃれな洋服収納はどうやる?

100均で簡単おしゃれに洋服を収納できる方法・アイデアとは
セリアやダイソーといった100均ショップには、サイズも種類も豊富な100円商品が売っています。ですが、ただ安いからと買ってしまうと、使いこなせなかった収納用品が邪魔ものに! そこで今回は、100均グッズを確実に使いこなし、洋服をきれいでおしゃれに収納する、おすすめアイデアをご紹介していきます。

服のたたみ方から、クローゼットや押入れ代わりになる収納スペースの作り方や、ちょっとしたDIYまで、自分の部屋に必要な方法の参考にしてみてください。

洋服収納の基本ポイントは「たたみ方」

たたみジワはあってもOK。まっすぐきれいにシワの線があるといい
外国映画では、服をたたまずにスーツケースに放り込むシーンを目にします。着るときにシワにならないかしら?と、気になってしかたがありません。着物をたたむ習慣のある私たち日本人も、近頃はたたむことを億劫だと感じる傾向にあります。でも、たたむことで出し入れがしやすくて、コンパクトに収納できる。そんな利点を見逃したくないものです。

たたむといっても、ショップに並ぶ商品のように、きっちり整える必要はありません。たたみ方のポイントとしては、次の3つを意識していればOKです。

仕上がりの形が四角くなるようにたたむ
セーターなど厚みのあるモノは縦にロール巻き
同じ場所にしまうモノは同じサイズにする

大坂なおみ「人前でしゃべるのは苦手」「光栄に思う」優勝インタビューで笑顔

デイリースポーツ によると。

 女子シングルス決勝で第4シードで世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は、第8シードで同6位のペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。7-6、5-7、6-4で勝ち、昨夏の全米オープンに続いて四大大会を制覇した。日本勢として初の世界ランキング1位も確実となった。

 試合後のコート上での優勝インタビュー。大歓声、拍手に迎えられた大坂は泣きそうになりながら「ハロー」と観衆にあいさつ。「人前でしゃべるのは苦手なんです。ごめんなさい、だからなんとか乗り切ろうと思います」と笑いを誘い、「ペトラ、大変なことを乗り越えてきましたよね。おめでとうと伝えたいです」と、クビトバをたたえた。

 その後は「ファンのみなさん来てくれてありがとう。感謝しています。暑い中走り回ってくれたボールボーイに感謝します」とうなずいた。

 続けて「私のチーム、あなたたちがいなければこの2週間は戦えなかった。感謝しています」と笑顔。その後は言葉がうまくつながらず、「以前はちゃんとメモを読んだんですが、この決勝でプレーできたことを本当に感謝しています。何を言うか、忘れてしまった。決勝でプレーできたことを光栄に思います」と締めくくった。

 勝者が世界ランク1位となる頂上決戦は、ファイナルセットにもつれ込む大熱戦。第1セットは6-6でタイブレークに突入。大坂は1-0の展開で、クビトバのサーブをリターンエース。流れを引き寄せ、このセットを奪った。

 第1セットを奪うと59連勝中の大坂。第2セットを5-3とし、第9ゲームで40-0と3度のチャンピオンシップポイントを握った。だが、ここからクビトバが驚異的な粘りを発揮し、ポイントを奪えず5-4に。逆に第10、第12ゲームをブレークされ、このセットを5-7で落としてしまった。

 嫌な流れが漂ったが、大坂の集中力は途切れなかった。1-1で迎えた第3ゲーム、ブレークに成功。雄たけびを上げ、自らを鼓舞すると、その後は付け入るスキを与えず。一気に頂点まで駆け上がった。勝利の瞬間はその場でしゃがみ込み、涙がにじむ目元を押さえた。