高橋大輔、復帰戦は3位「これが今の実力。あと上げていくだけ」

デイリースポーツ によると。

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位で4年ぶりに現役復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32)=関大KFSC=はフリー118・54点、合計195・82点で復帰初戦を3位で終えた。全日本選手権(12月・大阪)の出場権がかかる11月の西日本選手権(名古屋)への進出が決定。優勝は206・80点の友野一希(同大)だった。

 高橋は、冒頭の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプこそ成功させたが、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は転倒。その後もミスが続き、不完全燃焼の演技に終わった。それでも表現力を表す演技構成点は81・02点の高得点をマーク。成果と課題とを得た復帰初戦となった。

 試合後の一問一答は以下の通り。

 -今日の演技を振り返って。

 「最低ですね。今まで、練習でもここまでボロボロはしたことがなかったので。今季現役復帰してからこんなにボロクソな演技は練習含め初めてだった。これがまあ、試合っていう緊張感だと思うし、SPフリーと2日続けてやる難しさだと思う。この2日間を通して僕自身課題もたくさん見えてきて、本当に、悔しいというところより、これが今の自分の実力なんだとすごく実感した。ここからあと上げていくだけだなと言うことも強く、同時に思った」

 -SPがよかったことでプレッシャーになった部分はあったか。

 「SPの前から緊張していた。SPは時間が短い分ある程度気合で持って行けた部分があったけど、フリーは気持ちだけでは持って行けない部分(が大きかった)。それこそフリーは練習が大事だとあらためて感じたし、気持ちだけでは持って行けないと強く感じた。SPよりは体の動きとかはすごく良かったので、あとは体の動きと気持ちと調整と、うまく合わせるようにしていかないとなと思った」

 -11月の西日本、そこを勝ち抜いての全日本へ向けては。

 「そうですね…。いやまじで、このままじゃ本当にヤバイので(笑)もうなんか、とりあえずやるしかないかなというところです。全日本が目標なので全日本まで上げていけるように。全日本の最終グループもこのままじゃ残れないので。今日のフリーなんかは西も通過できるかどうかという演技だと思うし。全日本最終グループは入れるように、せめて後半だけは何があってもミスしないようにやっていかないといけないと」

紀平梨花、NHK杯へ意気込み「トリプルアクセルを決めたい」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ今季第4戦「NHK杯」(11月9~11日、広島グリーンアリーナ)の開催記者会見が7日、東京都内で行われ、平昌五輪男子銀メダリストでNHK杯初出場の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は「皆さんの期待に応えられるよう、精いっぱい滑りたい」と意気込みを話した。

 ルールが変更された今季だが、「特に何かを変えたということはない。以前から重要視していたのはジャンプの質で、それは変わらない。新しいルールになっても変わらない自分、成長した自分を見せたい」と、周りに左右されない宇野らしさを貫く。

 6年連続の出場となる女子の宮原知子(20)=関大=は「昨年と違い、今年はオフの時期にたくさん練習できている。それを試合でも出せるように」と力がこもる。

 今季シニアデビューする紀平梨花(16)=関大ク=は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功率について「調子が良いときは10回中7回くらい跳べることもある」と着実に完成に近づいていると手応えを口にした。トリプルアクセルを武器にNHK杯で6度の優勝を果たした伊藤みどりさんから「難しいと思うけど、ぜひ成功させてください」というメッセージを受けて「NHK杯でトリプルアクセルを決めたいと強く思います」と、改めて誓った。

 2度目の出場となる男子の佐藤洸彬(22)=南部美人=は「ショートプログラムもフリーも新しいプログラムで臨みます。おもしろく、男らしい部分を楽しんでいただければ」と新シーズンのテーマを打ち出した。

 今回は40周年の記念大会。最終日には伊藤みどり、荒川静香、本田武史の各氏ら、大会を彩った名選手が出演するアイスショー「レジェンドオンアイス」も行われる。

「涙腺崩壊」「熱いものがこみ上げる」 浅田真央、公演中に28歳のサプライズバースデー

ねとらぼ によると。

 元フィギュアスケート選手で現在はプロスケーターの浅田真央さんが9月24日、山梨で開催されたアイスショーでサプライズで誕生日のお祝いを受け、「最高のプレゼントをいただきました」と感激した様子をInstagramでつづっています。真央ちゃん、おめでとう!
 
 9月25日に28歳の誕生日を迎えた浅田さんは、これまで選手生活を応援してくれた人に感謝をささげることをテーマに、自身で初プロデュースしたアイスショー「浅田真央サンクスツアー」に出演中。元フィギュアスケート選手で姉の浅田舞さんや無良崇人さんを中心に、オーディションで選ばれた7人の新人スケーターと5月から11月まで全国10カ所を回っており、この日は山梨公演の千秋楽でした。

 フィナーレのあいさつが終わり、リンクからはけようとしたところを姉の舞さんに呼び止められ、リンク中央に連れて行かれた浅田さん。直後、バラの花と花冠を他の出演者からプレゼントされ、お祝いのスケーティングが披露されると、浅田さんは感涙。観客は事前に配られていたハートマークに「MAO」という文字が入った紙をリンクに向かって掲げ、会場全体で誕生日を祝うサプライズに、浅田さんは「メンバーのみんな、スタッフの皆様、お客様から、最高のプレゼントをいただきました。ありがとうございました!」とつづり、最高の一日を振り返りました。

 ネットでは誕生日を祝うメッセージの他、「SNSで見てるだけでも熱いものがこみ上げます」「涙腺崩壊」「真央さん出発点に『素敵』が無限に拡がってくみたい」「メンバー達の絆素敵です!」とサプライズを受け幸せそうな浅田さんに感動したという声が上がっています。

NHK杯でGP初出場の紀平梨花 伊藤みどりさんから3Aエールに「決めたい」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦NHK杯(11月9~11日・広島県立総合体育館)の発表会見が7日、都内で行われ、男子の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=、佐藤光彬(22)=岩手大大学院=、宮原知子(20)=関大=、紀平梨花(16)=関大KFSC=らが出席した。今年は40回記念大会で、27年ぶりの広島開催となる。

 NHK杯初出場となる宇野は「海外の大会が多くて、国内は少ない。期待に応えられるように精一杯頑張りたい」と、力を込めた。トリプルアクセルジャンパーとして注目を集める中、初のシニアGPに挑む紀平は「たくさんの人に見てもらえる。笑顔で終われるようにしたい」と、意気込んだ。

 紀平には、元祖トリプルアクセルジャンパーの伊藤みどりさんから応援メッセージも届き、「前回の大会でトリプルアクセルを2回、トリプルアクセル-トリプルトーループも決めてましたね。ぜひNHK杯でも成功させて、力を発揮できるように頑張ってください!」とエールを贈られた。紀平は「いつも色んな試合で声を掛けてもらえる。トリプルアクセルも決めたい」と、拳を握った。

宇野昌磨が今季世界1位相当の186点…。

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートの男女混合3地域別対抗戦、ジャパン・オープンで日本が合計621・91点で2年ぶりの優勝を果たした。

男女2人ずつ、フリーのみで争う大会。男子は、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が186・69点で1位、織田信成(31)が176・95点で2位とトップ2を独占。女子は平昌五輪6位の坂本花織(18=シスメックス)が130・28点で2位、同4位の宮原知子(20=関大)が127・99点で3位だった。欧州が558・14点で2位、北米が516・45点で3位だった。

昨年の男子3位から一転、1位でチームの優勝をけん引した宇野は「去年は間違いなく自分のせいで負けた。今年は足を引っ張らず、ちゃんと優勝できたことをうれしく思います」と喜んだ。フリー「月光」では、冒頭の4回転サルコーで着氷が乱れ、続く4回転フリップで転倒も、その後は持ち直し、ほぼ完璧な演技を披露。演技後は満足そうにうなずいた。

ISU(国際スケート連盟)非公認記録ながら、初戦ロンバルディア杯の172・05点を10点以上更新する、今季世界1位相当のスコア。今季からルールが変更され、男子のフリー時間は4分半から4分に短縮。慣れないこともあり、初戦では息も絶え絶えに何とか滑りきった状態だったが、この日は最後までゆったりと演技を通した。「最初の2本のジャンプも含め、もっともっといい演技をしていけたら」とここからさらに磨きをかける。

TDL&USJ、小樽etc を写真やビデオで体感できる。ペット生活を応援+真央大好き。